ClipTube for Irvine

ClipTube for Irvine

ClipTube for Irvine スクリーンショット
スクリーンショット
Author succob01.hp.infoseek.co.jp
OS -
License フリーソフト

Download Now

Youtube」や 「Stage6」等 の動画を、 「Irvine」 で簡単にダウンロードできるようにするソフト。
youtube関連のアドレスをクリップボードに入れてダブルクリックするとirvineが立ち上がって以下略」 の フロントエンドで、
動画があるページのURL をコピーするだけで、該当の
動画を高機能ダウンローダー「Irvine」でそのままダウンロードできるようにします。

「ClipTube for Irvine」は、「YouTube」等の動画共有サイトにアップロードされている動画を、
「Irvine」で簡単に保存できるようにするソフトです。
動画ページのURL をクリップボードにコピーすると、「Irvine」が自動で立ち上がり、該当の動画を
そのままダウンロードしてくれます。
対応しているサイトは、「YouTube」、「Stage6」、 「AmebaVision」、 「Google Video」、
MOVIE CASTER※1
※1 私の環境では、「Stage6」と「MOVIE CASTER」の動画が上手くダウンロードできません
でした...


基本的な使い方は以下の通り。

  1. まず、「youtube関連のアドレスをクリップボードに入れてダブルクリック 〜」を入手し、
    解凍 して出てきた「movie_dl_clipboard.js」を「ctfi.exe」(「ClipTube for Irvine」本体)の
    あるフォルダにコピーします。
  2. Irvine」を 持っていない場合は、インストールします。
  3. 「ctfi.exe」を起動します。
    タスクトレイに、「ClipTube for Irvine」のアイコンが表示されます。
  4. アイコンを右クリック → 「Option」から、設定画面を開きます。
    ここで、” 各動画共有サイトで、URL をクリップボードにコピーした時にどうするか ”
    ということを指定します。
    (それぞれの動画共有サイトに対して、動作を個別に設定することができる)
    指定できる動作は3 つ。
    • 1 つは「反応しない」
      (そのサイトからはダウンロードしない場合など)
    • 2 つ目は「ダイアログを表示する」
      (動画をダウンロードすることを、事前に確認したい場合など)
    • 3 つ目は「無条件に渡す」
      (確認ダイアログを必要としない場合など)
  5. ブラウザで「YouTube」等の動画サイトへアクセスし、保存したい動画のあるページを
    開きます。
  6. アドレス欄や動画情報欄のURL を、クリップボードにコピーします。
  7. 設定で、URL が送られた時の動作を「ダイアログを表示する」にしている場合、ここで
      ” クリップボードの文字列をmovie_dl_clipboard.jsに渡しますか? ”
    という確認ダイアログが表示されので、「はい」をクリック。
    「無条件に渡す」にしている場合、確認ダイアログは表示されません。
    「反応しない」にしている場合は、何も起きません。
  8. OS がVista の場合(?)、次に
      ” この Web ページがクリップボードへアクセスするのを許可しますか? ”
    というダイアログが表示されるので、「アクセスを許可する」を選択します。
    (このダイアログは、最前面に表示されないこともあるので注意)
  9. 自動的に「Irvine」が立ち上がり、ダウンロードが開始されます。
尚、ダウンロードされたファイルは、通常「動画タイトル(再生時間)」という名前で保存されます。
例) movie title(3min52sec).flv
もし、この「(再生時間)」という部分が不要な場合、「movie_dl_clipboard.js」をメモ帳などの
エディタで開いて、16 行目にある「var ADD_PLAY_TIME = true;」の「true」の部分を、「false」に
書き換えます。
 FLV ファイルを再生
フラッシュ(Flash)再生ソフト

Flash Video Splitter
downloadtool.net copyrights © All rights reserved